森にて誕生日

昨日は私とわんこの誕生日でした。

わんこの朝の散歩を少しスペシャルバージョンで

好きな所へ好きなだけ連れて行って来ました。

自分も誕生日だな、と自分には森へ連れて行ってあげる事にしました。


いつも森に入って行く登山道に着くと

鹿が出迎えてくれました。

下の谷から上へ軽い足取りで上がって

途中でこちらを振り返り、また上に上がって行きました。

車の中だったしカメラの用意も出来てないしで

姿を見送って、いいプレゼント貰ったな~、と喜んでました。


森への入り口では小川が流れてまして

カエルが沢山鳴いておりました。

五日ぶりの森で今まで行ったことのない場所に行ってみたりしながら

楽しく数時間撮影しました。


キョキョキョキョ、って鳥の鳴き声がするんですけど

何の鳥か分かりませんでした。


帰り道、また鹿が谷を挟んで向こう側に姿を現してくれまして

こちらを見ながら上へぴょんぴょん駆け上がって行きました。


森で鹿に出会うビジョンを何度も見ていたので

随分嬉しくなりました(笑)。


車に戻って来ると隣の車のナンバープレートの数字が

今は亡き父親の愛車のナンバーと同じでして

(半端な数字なんですけど父はナンバー選んでたみたいです)

父もおめでとうを言ってくれてるな、と感じてました。



夜横になってから入って来る意識との現実と

自分が生活している現実と段々見分けが難しくなってきました。

霊主体従になってきたって事かと思っているんですが。


私の頭は数日前にスッキリしたようでもまだまだでして、

(心に感じてから生活に出てくるまでにタイムラグがあるみたいです)

色々と思い悩む所もあったんです。

元々綺麗な光だ、ともう一度解った事もあって

自分の捉え方も変わってきていたのですが、

更に変わる気付きみたいなものを得ました。


自分が何かを与えるのだ、と思っていた事が

自分が与えて貰っている事に気が付いたのです。

瞑想の時に感じたのは

地球に繋がるエネルギーを貰っている」でした。

頑張れる力、とでも言うのか。

私が愛に戻る時、こうなっていたのかと気付く、と言われてた一つで

なるほど、そう言う事だったのか、と思いました。


そう思っていると「本望」と入ってきて

私は「奴隷が染みついているのだ」と言っており

優しく解いてあげる」と入って来ました。

解いてあげる、と言われたけれど頑張るのは自分なんですけどね(笑)。

その力をくれているようなのです。


そうしたらもうあまり思い悩む必要もなく、

前に進める、カブトムシがうんちしたような事となりました。

(前々々回のブログのカブトムシの話の続きです)。


そして山の上へ駆け上がるような絵が見えて来ました。

私が理解した事を示す絵だと思ったんですけど、

どうも生まれて来る前に描いた気がするのです。

気がするだけ、ですけれど。


進化(神化)する事は、宗教、化学、芸術とも捉えられる

自然の摂理」、と感じていました。


ところで私はチョコレート嚢胞の病気を患ってるのです。

私の大切な人の事なんですけど「病気を一人で被るはずだったが

手術を2度受けたりしていて、

私がこれはいかん、と思っていたのか何か後ろめたい事でもあったのか

少し私も貰おう、と言う事で罹患したらしいのです。

それを教えて貰いました。

嚢胞がぬるっとした液体だと気付かれるでしょうか、

綺麗な液になりました」との事でした。

そう言えばチリチリする痛みがしばらく無いんですよ。


話が逸れましたけれど、

今日もまた森へ行きまして。

力を貰っているお陰でやる気が出ているようで(笑)

ありがとうございます。


またカエルの合唱を聴きながら上がって行ったら

また鹿が出てきてくれました。

「キョキョキョ」の鳴き声もまた聞こえてました。

そして撮影中に「ヨタカ」「ヨタカ」と2度意識が入って来まして

何だろう?と思っていたのです。

今日は昨日よりも景色が一段と綺麗で、

こんなに綺麗だったのか、最初から綺麗だったんだろうな、と

見る目が曇っていなければ綺麗だったんだ、と思ってました。

撮影も順調に進みまして身体は疲れていても

何とも気持ちの良い事でした。


で、家に帰って早速「ヨタカ」を調べると

キョキョキョキョ、と鳴く29cm位のタカと出て来ました。

あぁ、鳴いていたのはこの鳥か、と思い。


このブログで一番最後に書いているのですが

頭の中のベースとなる動物を知って飼って下さい、

と言われたんですが

その候補3つ全て(トンビがなくてヨタカとなりましたが)

揃って出て来てくれていたのだ!と

一人でひっそりと喜んでおりました(笑)。


[PR]
by soranosoba | 2017-06-19 20:42 | スピリチュアル | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。