森にて誕生日

昨日は私とわんこの誕生日でした。

わんこの朝の散歩を少しスペシャルバージョンで

好きな所へ好きなだけ連れて行って来ました。

自分も誕生日だな、と自分には森へ連れて行ってあげる事にしました。


いつも森に入って行く登山道に着くと

鹿が出迎えてくれました。

下の谷から上へ軽い足取りで上がって

途中でこちらを振り返り、また上に上がって行きました。

車の中だったしカメラの用意も出来てないしで

姿を見送って、いいプレゼント貰ったな~、と喜んでました。


森への入り口では小川が流れてまして

カエルが沢山鳴いておりました。

五日ぶりの森で今まで行ったことのない場所に行ってみたりしながら

楽しく数時間撮影しました。


キョキョキョキョ、って鳥の鳴き声がするんですけど

何の鳥か分かりませんでした。


帰り道、また鹿が谷を挟んで向こう側に姿を現してくれまして

こちらを見ながら上へぴょんぴょん駆け上がって行きました。


森で鹿に出会うビジョンを何度も見ていたので

随分嬉しくなりました(笑)。


車に戻って来ると隣の車のナンバープレートの数字が

今は亡き父親の愛車のナンバーと同じでして

(半端な数字なんですけど父はナンバー選んでたみたいです)

父もおめでとうを言ってくれてるな、と感じてました。



夜横になってから入って来る意識との現実と

自分が生活している現実と段々見分けが難しくなってきました。

霊主体従になってきたって事かと思っているんですが。


私の頭は数日前にスッキリしたようでもまだまだでして、

(心に感じてから生活に出てくるまでにタイムラグがあるみたいです)

色々と思い悩む所もあったんです。

元々綺麗な光だ、ともう一度解った事もあって

自分の捉え方も変わってきていたのですが、

更に変わる気付きみたいなものを得ました。


自分が何かを与えるのだ、と思っていた事が

自分が与えて貰っている事に気が付いたのです。

瞑想の時に感じたのは

地球に繋がるエネルギーを貰っている」でした。

頑張れる力、とでも言うのか。

私が愛に戻る時、こうなっていたのかと気付く、と言われてた一つで

なるほど、そう言う事だったのか、と思いました。


そう思っていると「本望」と入ってきて

私は「奴隷が染みついているのだ」と言っており

優しく解いてあげる」と入って来ました。

解いてあげる、と言われたけれど頑張るのは自分なんですけどね(笑)。

その力をくれているようなのです。


そうしたらもうあまり思い悩む必要もなく、

前に進める、カブトムシがうんちしたような事となりました。

(前々々回のブログのカブトムシの話の続きです)。


そして山の上へ駆け上がるような絵が見えて来ました。

私が理解した事を示す絵だと思ったんですけど、

どうも生まれて来る前に描いた気がするのです。

気がするだけ、ですけれど。


進化(神化)する事は、宗教、化学、芸術とも捉えられる

自然の摂理」、と感じていました。


ところで私はチョコレート嚢胞の病気を患ってるのです。

私の大切な人の事なんですけど「病気を一人で被るはずだったが

手術を2度受けたりしていて、

私がこれはいかん、と思っていたのか何か後ろめたい事でもあったのか

少し私も貰おう、と言う事で罹患したらしいのです。

それを教えて貰いました。

嚢胞がぬるっとした液体だと気付かれるでしょうか、

綺麗な液になりました」との事でした。

そう言えばチリチリする痛みがしばらく無いんですよ。


話が逸れましたけれど、

今日もまた森へ行きまして。

力を貰っているお陰でやる気が出ているようで(笑)

ありがとうございます。


またカエルの合唱を聴きながら上がって行ったら

また鹿が出てきてくれました。

「キョキョキョ」の鳴き声もまた聞こえてました。

そして撮影中に「ヨタカ」「ヨタカ」と2度意識が入って来まして

何だろう?と思っていたのです。

今日は昨日よりも景色が一段と綺麗で、

こんなに綺麗だったのか、最初から綺麗だったんだろうな、と

見る目が曇っていなければ綺麗だったんだ、と思ってました。

撮影も順調に進みまして身体は疲れていても

何とも気持ちの良い事でした。


で、家に帰って早速「ヨタカ」を調べると

キョキョキョキョ、と鳴く29cm位のタカと出て来ました。

あぁ、鳴いていたのはこの鳥か、と思い。


このブログで一番最後に書いているのですが

頭の中のベースとなる動物を知って飼って下さい、

と言われたんですが

その候補3つ全て(トンビがなくてヨタカとなりましたが)

揃って出て来てくれていたのだ!と

一人でひっそりと喜んでおりました(笑)。


[PR]
# by soranosoba | 2017-06-19 20:42 | スピリチュアル | Comments(0)

潜在するもの

歩いてすぐの一級河川の横を散歩してました。

梅雨入りしたと言うのにすっかり川は干からびてしまってます。


乾いた石ころの上に鷺が数羽。

食料の魚も今は居ないのに。


普段ならばこの川は鷺とカワウのサンクチュアリのようになっていて

水辺に数えきれない程鳥が集まっています。

両岸の水害防備林に沢山姿が見えます。

ある時間帯になると通勤ラッシュのように

鳥たちが湖に向かい、巣に戻る為に上流に

この川の上をV字飛行する姿が沢山見られました。

けれど今年は片側の水害防備林がなくなりました。

鳥たちは少し上流に移動したのか。

その数はぐっと減りました。


さらに歩いていくと

テトラと草むらに隠れて見えなかった鷺が

一斉に飛び出しました。


以前ほどの数とはとても言えないけれど、

どこかへ行ってしまった訳ではなく。

そして彼らは途方に暮れている訳でもなく。


川に水が無くなってもこの川が戻って来る場所です。


近くの田んぼで、小川で、湖でしっかりと捕食して

この川に帰って来てくれているようです。

d0340812_14424435.jpg


川も全く水が無くなった訳ではなく、

石の地面をを掘ると下の方でゆっくりと流れています。

鳥たちはその事をちゃんと知っていて

水が流れて魚が泳ぐのを待っています。


木陰に入ってわんこさんが乾いた川で遊んでいるのを見ながら

ぼんやりしていたら

カワウのV字飛行が地面に影となって流れていきました。


d0340812_14423964.jpg



[PR]
# by soranosoba | 2017-06-17 15:00 | Life | Comments(0)

さようなら、初めまして

四角い丸はない~♪見つからなかった~♪


今日のブログで起こった事を淡々と書き連ねて

ほぼ意味を成してなくて、困ったもんだなぁ、と思っていたけど

そんな事もまぁ、いっか。


こんな日もあります!


ここの所色々考えたりしていたのだけれど、

私の目が曇っていたのだなぁ、と反省しました。

歪んだ目で見なければ元から素敵なモノであったのに、

とすごく嬉しい発見をしました。

それは、本当に素敵な光です。


光、なんて書くとちょっと怪しげだけど、

やっぱりそれ以外無いのでこれでいいです。


ごめんなさい、許して下さい。

(読んでる方も意味が分からないと思います、すみませんです)

ありがとう、愛しています。


オポノポノ♪


反省よりも嬉しい方が勝ってしまって

一人ニタついてます。


今日はいい夢が見れそうだな。


折角だから出会った素敵な人達みんなに感謝を。

心からありがとう。


こんなブログも個人日記みたいなモノだから

許されるだろう~♪


[PR]
# by soranosoba | 2017-06-15 23:43 | Life | Comments(0)

これから まだまだ途中



                 進むに連れてトンデモ風味が増して

それの現実感も増しております。


昨日の晩の事を書いてみます。

薄い方の青色は私の意識です。

濃い方は別の存在の意識です。


また入り損なっていた場所に入っていきます。

説明を受けました。

コードキーがあれば直せるのに

道具とお金が必要だ」と思っていると

必要ない」と。

自由になって・・・

聞こえた?」「うん、聞こえた

まぁまぁ意味不明ですけどそのまま。


私の内在神が話したか私が感じた事。

○○に日本に来た」時期的な事だったと思うのだけれど。

私はその役割をする為に来た

私は自然を本気で取り戻したいみたいです。

私が行くと、そこがこうなっていたでしょ、って言うのがよく分かる。

それをしに来た。

何か私の知っている事が役に立つみたいなんですけど、

これが結構大真面目です。

どうやるのかはまだ分からないけれど。


本当はもっとキメの細かい事を感じていて、

心にも地球にも関わる事なのに言葉にすると単純過ぎる、と

感じていたのですよね。

どんな風に進むのかも分からず仕舞いです。



「○○○(実際の地名)周りをここだ、と決めてその周りに小屋を・・・

二人で小屋を


これをこうやってこれをこうして。お金の事は分からへん


そして少なくとも「どこに来て」と伝えろって事みたいで(謎ですみません)。


私はこうやって愛に帰っていくのだ」と、このスタートに立った事を

噛みしめておりました。


次の展開を聞けるのは私の思いがカブトムシみたいなモノでして

カブトムシに「うんちをさせないと」次にいけないみたいです。


私の写真を見ていると何か思い出す事があるのか、

今大阪のSONYストアで少し飾られているのですけどね。

でも明日の17時には撤収なんですよね。



アインソフ評議会


奈良・滋賀・京都・阿波


だから歯医者行こう

この文には話す事を綺麗にする、と言うような裏の意味があります。



そして「跳り


前日、前々日には

立つ鳥」これってそろそろブログも辞めていくって事かな。

ある時代が過ぎ去った

アイゼンシュタイン

何かがある、一つの行動なり。それを自分の中のどこかに位置付ける


そして調和に




d0340812_13500553.jpg



[PR]
# by soranosoba | 2017-06-15 13:59 | スピリチュアル | Comments(0)

今までとこれから

前回に生きとおしと気付けた、と書いてたのですけど

どうもサンプル的に見せられていたみたいなのですよね。

残念ながら必死に頭の見えない尻尾を掴んでます(笑)。

お礼まで書いてたりして、

いつも早とちりで少し恥ずかしくなりますなぁ(苦笑)。



まずは最近自分に起こっていた事について答えが出て来ています。

一つの事が終わって次へ移るために、

この核となるやつ、多分で伝えられていた事に沿って。


私たちがやろうとしていた事

これからを愛にしていく事。

戦う事も相手を知ろうとするその過程の一時をそう感じるだけで

本当は深く愛を知ろうとするエネルギー。


どこかの街に疑問を残した

ブログには書かなかったけれど、ある浄化が起こりました。


言いなり、奴隷消す

これも消えていきました。


憎悪消す、

消えたと思います。

きっと何だって愛していけるかな、と思う。多分。


降りてくる雲。

本当は脅かさせてはいけない。(私の事です)

まもなく○○が◎◎ます。

これは、翌日だったかな、大根を食べてお腹を壊しました。

まもなくお腹が壊れます、って事だったのかなと思います(笑)。



クーラーボックスのようなモノに紫緑の何か浮いている物体

この映像についてこれから何か始まるみたいです。

終わってから書けばいいのかもしれないけれども。

早とちりさんだし(笑)。


あんたってどうなるん?

自分の事、老後の事は自分でちゃんとしないと

と言われていまして、多分これに関連していくと思います。


昨日の晩、最初

アレ、この人たちは何だろう」と入って来て

そして数人の顔が見えました。


間があきまして、

私が本当に問いたいのはこちらの方なんです

と緑と紫の石鹸くらいの大きさの綺麗な石みたいなのが二つ見えました。

いつもはこちら(緑)の方ばかり取りざたされます。

けれど今回注目したいのはこちら(紫)の方なのです。

チャクラの事なんでしょうね。


そして「お別れします」と。

かなり私はぼんやりしていたようでして「伝わらない」と言われてました。

大丈夫、もう意味は分かりました、多分。


色々と獲得した今の自分から表現していけ、

何でもいいから自分を養えるように、旅立たせる為みたいです。


写真が本当にやりたい事か?と一度気持ちの上で捨てて

もう一度取り戻した所です。

森と共感もしあっているようだし

(胸のチャクラが熱くなるのは自分の意識と共感した時らしいのです)。

写真を続けるのだろうな。


自分の予測は多くの場合、感度を下げるみたいです。

今、こうなるだろう、と予測を書こうとしていたら、

書いている今伝えられました。

今を楽しめ、って事みたいです。


いい予感と悪い予感と同列に感じさせて貰ってます。

常世って事なんでしょうね。


でも、その中にあって味わえる素地は有難くも

手に入れられた気がしています。





[PR]
# by soranosoba | 2017-06-11 12:49 | スピリチュアル | Comments(0)